2005-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナミヌマエビ

gazou20s.jpg


なんだか水槽内のネタが見つかりませんので、再び生体紹介ということで。
【通称名】ミナミヌマエビ
【学名】Neocaridina denticulata
【原産】日本
水草水槽用のエビで、ヤマトヌマエビとならんでポピュラーなエビです。ヤマトヌマエビは、水草を食べる、コリドラスなどの餌を横取りする、殖えない、など悪い点がありますが、ミナミヌマエビにはそのようなことはありません。ただ、コケ取り能力は低いです。
一番、ミナミヌマエビのいいところは簡単に殖えるってことでしょうね。しかし、殖えないときは全然殖えないみたいで、私も、最初は全然殖えず二回ぐらい買い足しました。その後は、まったく問題なく増殖し続けています。
ちなみにミナミヌマエビは日本固有種のエビみたいで、西日本に分布しているようですが、最近は放流などによって関東にも現れているみたいです。さらに、ミナミヌマエビ自体に外国から入ってきたシナヌマエビが混ざっているという話もあるみたいです。

スポンサーサイト

第一ビオ(トロ箱)

いよいよ我が家のビオトープの紹介です。
まずは第一号!発泡スチロール!(笑)
gazou19s.jpg

まあ正直外観は良くないですね。発泡スチロール(以下トロ箱)ですから。しかし、このトロ箱でも十分ビオトープは成り立ちます。
中に入っている植物は、サジオモダカ、ヤマトミクリ、ガガブタ、ホタルイ(イヌホタルイ)(採集物)です。他にも良く分からない水草たちが生えてきています。
実はメダカがいたのですが、冬に死んでしまいました(爆)蚊がそろそろ大発生しそうですのでその前に買ってきたいと思います。

実はもう一個あります。こちらは結構立派です。実は本日そちらに入れる水生植物が通信販売でとどきました。しかし、こちらはまたさらに後日紹介ということで。

オトシンクルス

gazou17s.jpggazou18s.jpg


【通称名】オトシンクルス・ヴィッタートゥス(ヴェスティートゥス?)
【学名】Otocinclus vittatusOtocinclus vestitus?)
【原産】南米
いわゆる「オトシンクルス」と呼ばれるものです。ヴィッタートゥスと、ヴェスティートスとがありますが、どちらも酷似しているようですので両方書いておきました。

もうひとつの有名なオトシンであるネグロに比べ、難しいです。繁殖も飼育も。実際、私も何匹も死なせてしまっています。原因は、恐らく餌不足。もう私にとっては飼わない方がいい種類かもしれません。とてもかわいいのですが。何れにせよ、つぎにオトシンクルスを買うときはネグロのほうを選びたいと思います。
ちなみに、最近ゼブラオトシンなるものやタイガーオトシンなるものも流行ってきているみたいですね。ただ、タイガーオトシンはプレコの仲間みたいです。

欲しいもの

書くことがないわけでもないですが、わざわざ書くほどのものはないので、今欲しいもの、したいことでも書いてみたいと思います。
やっぱり、アクアとかそれに関係する生き物について書いていきます。
他にも無いわけではないですが、プライベートには触れたくないので(爆)

まずは、やはりアクア関係から。
水槽欲しいですね。20cmから180cmくらいまでなんでもいいですから欲しいです。しかし、設置場所、電気代などから無理ですね。まあ、置く場所は確保しようと思えばできるのですが、維持費がネックです。普段の電気代はそこまでかからないかと思うのですが、冬場のヒーターが問題です。さらに電気代よりもブレーカーが落ちそうなんですね。まあ、さすがに水槽のためだけにランクを上げるわけにもいきませんので。とまあ色々な事情から水槽増設は当面無理かなぁと。小さい水槽ならなんとか可能かもしれません。

つづいて、飼ってみたい魚とかも。正直いろいろ飼ってみたいです。今いるアピストグラマとか、国産グッピーとか、ラビリンス系とか、卵目とか、コリドラスとか、プレコとか、肺魚とか。まあ要するになんでもですね(笑)
まあ中でも、コリドラスか肺魚を飼ってみたいです。
コリドラスは・・・、仕草とかやっぱりかわいいですよね。他のブログをいろいろとまわっている時に、コリドラスの記事を良く見るせいでもあります。実は初めて魚の繁殖をさせた思い出の種類だったりします。今はいませんけど。
肺魚は・・・、なんでしょう。やっぱりかわいいからかなぁ。賛否両論あると思いますが、かわいいですね。はい。しかし、今まで小型美魚系しか育てたことが無いので縁が無い種類ですね。しかし、興味はもっています。
まあ、どんな魚にしてもスペースの都合上難しいでしょうね。結局、99.9%が妄想に終わってしまうわけです。ほかにもまだまだまだありますが、読みにくい文章を長々と読みたくは無いでしょうからアクア関係はこの辺で。

次はペット・・・、動物ですね。実は、シマリスが飼いたかったりします。しかし、いろいろな事情で諦めました。それだけです。動物といえばハムスターしか飼ったことが無いんですよね。一匹目は半年(笑)二匹目は二年で寿命を終えました。あっ。それとヤドクガエルってやつが飼いたかったりもしました。こちらもいろいろな事情で諦めましたが。ヘビとか飼ってみたいですが、餌が・・・。ですね。爬虫類全体にいえることだと思いますが、あんな餌を上げられる人の神経がわかりません。まあ結局「慣れ」でしょうね。慣れは恐ろしいものだ・・・。

最後は植物です。ご存知のとおり(?)私は植物・動物含め生き物が好きですが、どちらかというと動物よりも植物の好きなような気がします。自信はないんですが。
まあ、今やっているビオトープで水生植物を育ててますし、エアープランツも育ててます(枯れているような気もしますが)。他には育ててません(笑)と、いうわけで他にもなんか育てたいなぁと。まあ、なんでもいいのですが、どうせならコレクションでもしてみたいなぁと。と、いうわけで色々絞られてくるわけです。サボテン、多肉植物、山野草、食虫植物、エアープランツくらいでしょうか。他にもシダやコケなんかにも興味があったり。これだけではまだ多いですね。さらに、最近国産の植物に特に興味が出てきましたので(この辺についてはまた後日)、それを加味していろいろ考えていった結果。当面、国産の食虫植物でも育てようかと決めたわけです。以前にも少しふれましたが。来週までには、その様子をお伝えできると思います。
ところで、なんで人間ってコレクションをしたがるのでしょうか?まぁ、マニアックな人々だけなのかもしれませんけど(失礼)独占欲(こういう時に使うものなのかわかりませんが)とか絡んでいるのでしょうかね。まあよくわかりません。

と、まあいろいろ書いてきたわけですが、こんな長ったらしい駄文を読んでいただきありがとうございました。眠くなってきたので、変な箇所多いかもしれません。すいません。次回からはもっと見やすく分かりやすく書いていきたいと思います。

写真多めに

今日は調子に乗って写真を多めに掲載します。
こんなに多いのは今日だけですが、質より量で勝負ということで。

gazou9s.jpg


実は、一週間ほど前に藍藻が少し発生したため三日間遮光していました。結果見事に綺麗さっぱりなくなりました。やっぱり藍藻対策は遮光が有効だということを思い知らされました。
また、その影響かどうか分かりませんが全体的に調子が良くなってきたようです。

gazou10s.jpggazou13s.jpg

前から調子がいいグリーンロタラ、アンブリア。
まあどちらもかなり簡単な水草なわけですが。

gazou12s.jpggazou11s.jpggazou14s.jpg
藍藻のため切ったロタラナンセアンですが、もともと丈夫だということもあり新芽が出てきました。また、隣(右)のエウステラリスspダッセンも新芽が出てきました。同じ様な葉なので分かりにくいと思いますが^^;
ルドウィジア・オバリス。一度頂芽が消えそして新芽が出てきましたが、その新芽も溶けつつあります。隣のロタラ・マクランドラ・グリーンとともにこの水槽から今にも消えそうです。
ミズトラノオ。こちらも頂芽が消え新芽が出てきました。こちらのほうは何とか持ちそうです。

gazou15s.jpggazou16s.jpg
最後は魚。今回は正直あまり綺麗ではなかったかもしれません^^;次回からはなるべくいい画像をとれるように頑張ります。

春到来

桜の満開も終わり、そろそろ春本番といったところでしょうか。ここ2日ほどは真冬並の寒さが続いていますが、先日も夏日を越えたばかりで、もう冬の気配はなくなりつつあります。

と、いうわけで水槽(屋内)の中だけでなく外にも目を向けてみようということで。ビオトープの一つはただの水溜りと化してしまっているものもあるので、4月中にビオトープの整理、植物の追加などをしようと思います。さらに同じ植物関連、湿地関連ということで食虫植物に、手をつけてみようと思っています。ついでに、同じ植物ということでエアープランツも育てています。このエアープランツってやつは、変わった植物でして・・・。ずっと放っておいたのですが枯れているのか生きているのかよくわからないのです。まあ詳細などは追って報告したいと思います。
ご報告までに。

好調

gazou7s.jpg


流木を追加してみました。これで大分雄の攻撃が緩和されるだろう・・・、と思っていましたがあまり変わらなかったり^^;気持ち変わったような気もしますがね。

状態のほうは、引き続き産卵の気配などは全くもってありませんが好調です。メスはオスに相変わらず追いかけられていますが、致命傷とまではいかず、餌もオスには及ばないもののそれなりに摂っています。
例え産卵しなくても、今みたいに状態よく生きていればそれだけでいいです。でもやっぱり産卵してほしいなぁ・・・。(笑)

最後は現在空いているオールインワン水槽に発生しているヒドラ。(苦笑)普通は白いみたいですけどクロレラが寄生していると緑になるそうです。
撮影機材の質は上がりましたが、肝心の腕のほうはあまり上がっていないようですので、これから上達していければと思います。
gazou8s.jpg

デジカメ購入

rx_03.jpg


ついにデジカメを購入しました。RICHOのCaplioRXです。
不満点もいくつかありますが、今まで使っていたものよりは数倍良いですので、まあ良いかと。中古で\16800です。値段の割には良い買い物をしたと思います。これで、水槽写真を撮るのも苦痛ではなくなりそう。

と、まあとりあえず撮ってみましたのでご覧下さい。

gazou2s.jpg


gazou5s.jpg


gazou3s.jpg


ここまで拡大しても問題ありません。

gazou4s.jpg


gazou6s.jpg


やはり大きいのは1cmマクロです。感動しました。でも、これくらいの画質は普通みたいですね。

底砂変更

30cmキューブ水槽の水質を調べてみると
ph:5.7,8位 kh:1dh未満
でした。
ご覧のとおりかなり低いphとkhです。

中に入っているトリファはアピストの中でも高めのphを好むそうなので、これでは低いかなぁと。と、いうわけで思い立ったが吉日。ソイルから大磯砂(2年前くらいに使っていたもの)に変更することにしました。
現在、ソイルを出したせいでかなり濁っておりますが、肝心のアピストの方は問題ありません。ちなみにソイルは一年使っていたわりには綺麗に粒が残っておりました。まったく水草を植えていないせいでしょうね。
あ。それと、同居魚のオトシンクルスは死亡(餓死?)してしまったようです・・・。ついでにゼブラシュリンプも見当たりません。エビのほうは死骸も見つからないので、どこかに潜んでいるのかもしれませんけどね。

水上栽培

二ヶ月ほど前からはじめた水上栽培ですが、失敗してしまいました。ロタラ・マクランドラ・グリーン以外全滅で、ロタラもわずかに水上葉が出ているのみで、いまにもしおれそうです。
原因は、光量不足と低温だとおもいます。窓辺においていれば多少いい結果になったのではと。

と、いうわけでこのカテゴリは、しばらく新しい記事はなし。夏にもしまた始めたら、書いてみたいと思います。

水草水槽近況

DSCF0002s.jpg


・藍藻
・農薬のエビへの影響
・カリウム肥料添加
について書きましたので最近の様子を上から順に話していきます。

藍藻ですが、あれから全く発生していません。まだ完全には結果は出てませんが、ひとまず安心しているところです。というわけで藍藻は以上。

エビですが、農薬の影響もなくなり元気に顔を出してくれるようになりました。元気なエビを襲おうとする魚もいません。多少減ってしまったものの、元々多くいたせいもあり致命傷には至りませんでした。魚が多いのが唯一の心配ですが、繁殖も引き続きしてくれそうです。

お次は肥料。添加してから約一週間たちますが、ほとんど変化はありません。しいて言えばアンブリアが白化ぎみだったのが緑に戻ってくれたくらいです。コケもほとんど変わらない状況です。(朝方、直射日光が少しだけ入っていましたので、消灯時に遮光したせいか微妙にガラス面のコケの増殖スピードが減ったように思います)添加量をふやそうとも思いますが、まだ藍藻なども心配ですし、今のままでいきたいとおもいます。底床肥料もいずれ添加する予定でいます。

全体的な状況ですが、肥料のところでも触れたとおり、コケも変わらず多くはっきり言って調子悪しです。(相変わらず魚は絶好調ですが)コケはいわずとも、水草も調子悪いです。元来、難しい水草ということもあるかと思いますが、ルドウィジア・オバリスなんか葉がどんどん落ちていってます。
その原因について考えてみますと、二酸化炭素かなぁと思ってます。発酵式(重曹式)でやっているため、どうしても添加量が少なく不安定なんですよね。特に冬なので。2,3日前に新しいものに変えましたが、まったく二酸化炭素の泡が出てきてくれません。ペットボトルを見ると発酵はしているようなのですが・・・。ただ、もうすぐ冬も終わりなのでそろそろ活発に二酸化炭素を出してくれることを祈るばかりです。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS


APPENDIX

sasuke

sasuke

熱帯魚と水草を飼育しております。
まだまだ未熟者ですが、よろしければご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。