2005-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

二週間ぶりの更新となってしまいました。
実は、忙しかったので更新できてませんでした。忙しかったというよりは、最近疲れていて更新する気力がないだけですが。ついでにネタがあまりないのも影響しています。

まあ、それはともあれ早速本題に。
アピストグラマについてです。これといって変化があるわけではないのですが・・・、雌がまたまた不安になってきました。実は人工飼料のクロマフードを吐き出してしまうのです。餌不足で万が一・・・、ってこともありえなくはないですからねぇ。まあ、今のところ問題ない様子です。
こんなわけで、不調→好調→不調→好調・・・、と延々と続いているわけですが、次のアピストグラマについての記事はこれを抜け出せたことを書けたらなぁと思っています。(もちろん良い意味で)

これで、今日の話は終わりということで、久しぶりだというのに短いですが勘弁してください。これから、二週間、間が空くということはまず無いと思いますが、更新頻度が落ちていくような気がしています・・・。
スポンサーサイト

食虫植物~序章~

いよいよ最後です。
そして、新カテゴリ「食虫植物」
うーん。なんだかますますマニアックなブログになっていきそうですね(苦笑)
アクアとは関係ありませんが、湿地つながりということでお許しください。

題名や以前書いたことを読めば分かると思いますが、食虫植物を始めました。一度は「食虫植物」、聞いたことがあると思います。ハエトリグサとか育てたことがある人もいるんじゃないでしょうか。そもそも食虫植物とは・・・、と続けていきたいところですが、食虫植物について詳しくは後日説明したいと思います。今日は眠いです。

早速、紹介から。「はじめての食虫植物」のくせにいきなり種からのスタートです。3号プラ鉢に用土は赤玉土、鹿沼土、ピートモスです。また、1cm程度の腰水をしています。とりあえず画像で説明しますとこちら。
RIMG0244s.jpg

・・・。もちろん種なので土以外なんにもありません。
肝心の種類についてですが、
D.tokaiensis (トウカイコモウセンゴケ) 愛知産 
D.spatulata (コモウセンゴケ) 長柄産 
の二種です。名前から分かるとおり、両方ともほとんど外見は変わりません(笑)まあ、こちらも詳しい種類の説明は後日にしますので気になる方は検索でもしてみてください。
ちなみに、この種、発芽まで通常2週間から1ヶ月もかかるらしいんですよね。時々、二年後に発芽なんてこともあるらしい・・・。と、いうわけで気長に待ちたいと思います。ところでやっぱり「食虫植物」ってフレーズ、マニアックな雰囲気を出しているような(笑)

ふぅ。ともあれ、今日で私の長かったGWは終わりです。だから、明日は更新しません(爆)

第二ビオ

さて。もう疲れてきましたが(笑)第三弾ということでビオトープを。

前回、トロ箱を紹介したので今回はもう一つということで。
ずばり容器はプラ舟です。豪華ってのは大きさですね^^;
その大きさは忘れましたが1m余り×数十cmです。そんな大きくないじゃん。私の家は庭があるので一角に埋めてますが、十分ベランダにも置ける大きさです。興味のある方は、プラ舟で検索すれば大きさなどが出てくると思います。

肝心の植物&魚の紹介。前回も紹介したとおり魚はなんもおりません。植物は、もともとあった採集物のイチョウウキゴケに加え、
オオアカバナ
ミズオトギリ
ヒメワタスゲ
オオシラタマホシクサ
フトヒルムシロ
エゾノヒツジグサ
フサタヌキモ
を購入しました。
ビオトープをやっていない人にとって、なにそれ?って植物が大半ですね^^;フサタヌキモ、ホシクサ辺りは知っている人もいるかもしれません。とか書きながら、実はビオトープをやっている人にとってもマニアックな種類のオンパレードです。マニアックではないにしてもポピュラーでないことは確かでしょう。

入手方法ですが、
①採集②通販です。
①ですが、田んぼに出かけていってます。最近密かなブームになっているかも・・・。知らない人は、全然わからないでしょうが、いずれこれについては書きたいと思います。
②通販ですが非常に水生植物を売っているところが少ないです。
私も二つしか知りません。
ひとつは、「アクア・カキツ・ビオトープ」
もう一つは、「緑の小包社」
というところです。
今回私が利用したのは緑の小包社ですが、メールが使えないのでやや不便かもしれませんね。私が利用させていただいたところ問題はなかったです。

最後に、写真つきで各植物を紹介します。全部ではありませんので、また、全然詳しく書いてありませんので、これから順次紹介していきます。外見が知りたい人は検索すれば出てくると思います。
夕方に撮ったためか腕が悪いだけか手ブレが激しいため、小さくして誤魔化しています。

gazou26s.jpg

フトヒルムシロ。の花。地味ですが。後ろに移っているのが葉です。なんと、植えた二日後に花が咲き始めました。このままかれてしまわないか心配でもあります。

gazou28s.jpggazou27s.jpg

オオシラタマホシクサ。枯れかけです(爆)なんてことはさすがにないと思います(と期待したい)ので、これから成長してくれることでしょう。

gazou29.jpg

イチョウウキゴケ。見事に越冬してくれました。

gazou30s.jpg

トロ箱のほうですが、ガガブタ。本来はもっと綺麗な形の葉のはずなのに、かなり不恰好な葉となってしまっています。

gazou31.jpg

最後はネギの花でおしまい(謎)

ドレープフィンバルブが・・・。

gazou21s.jpg


二日目。60cm水槽。
前回は、調子が良くなってきた。と書きましたが、それも束の間。また悪くなってきました。
右半分の、ロタラ・マクランドラ・グリーン、ルドウィジア・オバリス、ロタラ・ワリッキーが完全に消えました。ルドウィジア以外はそんなに難しい水草ではないと思うのですが・・・。さらに、他にも消えつつある水草がいくつかあります。
いつぞやの記事にも書きましたが、原因はCO2不足でしょう。最近、ほとんど出なくなっていますが、交換していません^^;ミドボンに切りかえたいところですが、手軽に切り替えられるものでもありませんので当面の予定はなしという事で。

もう一つ悪いことが・・・。題名でわかるでしょうが、ドレープフィンバルブが3匹も亡くなってしまいました。おそらく原因は餌不足かと。だんだんと痩せ細っていた感じでしたので。やっぱり魚が多いと餌がなかなか回らないですね。食べている魚は食べています。餌を多くしたいところですが、そのせいで水質が悪くなり大量死・・・、ということにも成りかねないかも。まあ、なんにせよ見境なく多く魚を入れた自分が悪いんでしょう。

ところで、悲しい話のなかでこんなことを書くのも何なんですが、なぜ植物(水草)も動物(魚)も同じ生き物なのに、植物は簡単に捨てられて、動物は捨てにくいんでしょうかね。潜在的に植物は生きていないって考えがあるのかも。まあ理由はなんであれ生命を無駄にするにはいけないことでしょう。待てよ。そもそもなんで生命を無駄にしてはいけない(道徳的に)のでしょう。そもそも「無駄」って何でしょう。無駄にしたって良いじゃないですか。と、まあこんなことを書いているときりがないのでこの辺で。なんだか自分でも何が書いてあるか、何がいいたいのかわかりません。

最後は、写真で終わりたいと思います。
gazou22s.jpg

オトシンを斜めから。止まっているものを撮るのはなんて簡単なんでしょう。という話がよくわかる今日この頃。

gazou23s.jpg

そして、動いているもの。ラスボラ。これでも微妙にピンボケしています。

gazou24s.jpggazou25s.jpg

本来はボツになる写真なのかもしれませんが、一つ前の画像は発色が余り良くないということと何十枚とっても一枚くらいしか使えないという腹いせで、もう二つアップ。正直ネット上にあるヘテロモルファの中ではかなり発色が良い方だと自負していたりします。

今日は(も?)、なんだか頭がおかしいですが、
明日からの二日間は水槽からはちょっと遠ざかります。

雄、隔離す

GW中は毎日更新!と意気込んでいましたが、全然できていませんでしたので、今日から四日間連続更新を目指したいと思います。

まずは、初日。キューブ水槽のアピストグラマについて。

最初に、水質についてですが、茶色っぽく色づいてきました。かなり驚きましたが、恐らくは、流木を入れたせいだと思います。そうじゃなければ、ろ過不足などかと思いますが、魚は絶好調ですのでそんなことは無いと思います。まあいずれにせよ、魚は問題ありませんので心配ないでしょう。

次に。雌は餌を一応取っているのですが、雄の攻撃が激しいためついに隔離を決断しました。なかなか繁殖しない場合も一旦隔離をすると良い場合があるそうなので一石二鳥であります。
それで、3、4日前に隔離したわけですが、現在雄も雌も元気です。雌は以前より黄色っぽくなった感じもします。
まあ、こんなわけで前途洋々というわけでもありませんが、前途多難というわけでもなさそうなので、ひとまず安心ということで。

ちなみに、画像がありませんが、私の技術ではほとんどボケてしまうためです。光量が足りないのが原因でしょう。なんとかして、撮りたいと思います。

明日からの三日間は、60cm水槽、ビオトープ、食虫植物の三部構成でお送りします(謎)。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS


APPENDIX

sasuke

sasuke

熱帯魚と水草を飼育しております。
まだまだ未熟者ですが、よろしければご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。